転職する理由

転職する理由は、書類選考、また、面接において大変重要なことです。
相手が納得するような理由がないと評価が下がります。
ですが、転職したい理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人もきっと多いはずです。
大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由のために苦労します。
転職を行うときに求められる資格というのは、専門職の他は、そんなに多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。
また、建築や土木系では「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を所有していないとしごとができないというしごとが多くあるので、狙い目となっているかも知れません。
不動産業界に転職しようと考えているのなら、宅建主任者資格を取られることが必要となります。
宅建主任者資格なしでは、会社によっては就職できない場合もないとはいえません。
業種ごとに必要とされる資格が違うので、転職前に、次のしごと内容にあった資格を取得しておくことは良いアイデアだといえるでしょう。

希望を明確に

希望を明確に

まず、本気で転職したくなった理由を思い出して頂戴。
思いつくままに説明する訳ではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。
そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように言葉の使い方を変更して頂戴。
転職理由の部分が長いと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。
労働時間の長さが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)でやめた時は「生産性の高いしごとが願望」、しごとをやめる理由がやりがいを感じられないという場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」といいかえれば悪い印象はうけないでしょう。
言いかえることでネガティブな転職理由も、ポジティブに感じ指せるられるようになります。
履歴書を書くときに注意しなければならないのは、150文字から200文字程度にするようにします。

Comments are closed.